安兵衛との出逢い3

東京城南の夕空
東京城南の夕空

堀部安兵衛ー関連メモ

忠臣蔵:物語のタイトル             赤穂義士:赤穂浪士の忠義に敬意を払った呼称   赤穂:播磨国赤穂郡(現在の兵庫県赤穂市付近)  四十七士:討ち入りに参加した赤穂義士47名   大石内蔵助:元赤穂藩筆頭家老/47士のリーダー 吉良邸:四十七士が討入った屋敷(現墨田区両国)

堀部安兵衛:本名を堀部安兵衛武庸(たけつね)という。生涯に2度の仇討ちを果たし、太平と云われた元禄の世に於いて武士道を以って生涯を全うした四十七士随一の剣客。         辞世の句/梓弓ためしにも引け武士(もののふ)の道は迷わぬ跡と思はば           越後国蒲原郡新発田藩出身(現新潟県新発田市一帯)/享年34歳/墓所:泉岳寺(東京都港区)

                      →安兵衛との出逢い4へ